百々和宏 中央沿線午前四時 歌詞

百々和宏 中央沿線午前四時の歌詞を提供しています。 『中央沿線午前四時』とは百々和宏さんが2016/09/07に発売された楽曲です。

中央沿線午前四時 歌詞

曲名:中央沿線午前四時

発売日:2018/3/4

歌手:百々和宏

作詞:百々和宏

作曲:百々和宏

終電乗り過ごして 酩酊激しい午前二時
中野?阿佐ヶ谷?高円寺?今のオレ 消息不明
iPhoneの電池エンプティ さしずめ ハンプティダンプティ
意気揚々で千鳥足 適当な店に フェード イン

ドアの向こうは別世界 ここはスナック動物園
カウンターに並ぶ猛獣たち 今のオレ 迷える子羊
飛んで火に入る夏の虫 後悔しても 後の祭り
しゃがれ声のママ そのフェイスは マントヒヒ

ウチは明細会計セットで3千円 カラオケは別途 1曲2百円
オレはキレイな緑色した鏡月ボトルの中身が
大五郎で無い事だけを祈る

毛むくじゃらのゴリラ マイクを強く握りしめ
感情を込めて歌う その曲は吉幾三
過剰に掛かるエコー 絶妙にズレるメロ
でも でも でも 琴線に触れて 涙ポロポロ

郷に入ればナンとやら マイクリレーがオレに届くと
カラオケリモコン ピポパして 大五郎をグイと空け
おもむろに立ち上がり そっと瞳を閉じて
よみがえるあのメモリー 歌い出すあのメロディー

終電乗り過ごして 酩酊激しい午前四時
いつまで続く 宴はエンドレス
ドアの向こうは楽天地 ここはスナック動物園
都会のオアシス 摩天楼の蜃気楼

百々和宏と中央沿線午前四時と歌詞について

以上が百々和宏 中央沿線午前四時の歌詞です。

  • 百々和宏の楽曲一覧はこちらから
  • 中央沿線午前四時関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

百々和宏 中央沿線午前四時の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。