Ryuji 忘れられない 歌詞

Ryuji 忘れられないの歌詞を提供しています。 『忘れられない』とはRyujiさんが2016/09/07に発売された楽曲です。

忘れられない 歌詞

曲名:忘れられない

発売日:2018/3/4

歌手:Ryuji

作詞:Ryuji

作曲:Ryuji

カーテン越しに輝く星の明かり
眠ってる君の頬をそっと撫でてゆく
起こさぬように静かに膝を立てた瞬間
ぎゅっと抱きついて『行かないで』と口づけた

時が戻るなら何度も願った
その瞳の奥にもう僕はいないのに

いつまでもいつまでもあの人を忘れられない忘れられない
どうしてもどうしてもあのキスを忘れられない忘れられない

驚かそうと自販機の影に隠れる
君の無邪気さにどれだけ救われただろう
どうしてもっと信じてあげなかったんだろう
後悔は胸の引き出しにしまったまま

声が届くなら本気で思った
来るはずのない電話を待ち続けてた

いつまでもいつまでもあの人を忘れられない忘れられない
どうしてもどうしてもあのキスを忘れられない忘れられない

階段を踏み外すように堕ちてみても
記憶はずっとつま先まで覚えている

レプリカでもいいよ君ならば
見つめ続けてそう息を感じて

いつまでもいつまでもあの人を忘れられない忘れられない
どうしてもどうしてもあのキスを忘れられない忘れられない
忘れられない忘れたくない

Ryujiと忘れられないと歌詞について

以上がRyuji 忘れられないの歌詞です。

  • Ryujiの楽曲一覧はこちらから
  • 忘れられない関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Ryuji 忘れられないの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。