雨宮天 ASH 歌詞

雨宮天 ASHの歌詞を提供しています。 『ASH』とは雨宮天さんが2016/09/07に発売された楽曲です。

ASH 歌詞

曲名:ASH

発売日:2018/3/4

歌手:雨宮天

作詞:雨宮天

作曲:雨宮天

はみ出した世界
繋がれた孤独
打ち捨て去られた
夢の記憶
認めたくなくて
行き過ぎた言葉をかざして
臆病隠していた

痛みも傷も燃やして
何度も
何度でも今を抗う

涙枯れるまで
突き抜けたいと願った
あの日の歌は
もっと高く
明日を照らすイカロス
怖くはないよ
朽ちること恐れない
灰になるまで

乾いてしまった
モノクロの過去を
結末書き換え
破り捨てたけど
崩れ落ちそうな
現実は続いてく
このまま 無限の嘘 so addicted

裏返っていく未来なら
何度でも抑え付ける

高く もっと高く
突き抜けたいと願った
あの日の歌は
雁字搦め
太陽目指すイカロス
戻れはしない
堕ちたって構わない
灰になれるさ

ash to ash, dust to dust…

涙が枯れるまで
突き抜けたいと願った
あの日の歌は
もっと高く
明日を照らすイカロス
怖くはないよ
朽ちること恐れない
灰になるまで

ash to ash, dust to dust…

雨宮天とASHと歌詞について

以上が雨宮天 ASHの歌詞です。

  • 雨宮天の楽曲一覧はこちらから
  • ASH関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

雨宮天 ASHの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。