鹿乃 nameless 歌詞

鹿乃 namelessの歌詞を提供しています。 『nameless』とは鹿乃さんが2016/09/07に発売された楽曲です。

nameless 歌詞

曲名:nameless

発売日:2018/3/4

歌手:鹿乃

作詞:鹿乃

作曲:鹿乃

いつまでもこんな日々を
ずっとずっと二人で
願いは誰にも奪えないさ

幸せの残響が心臓を貫いて
鳥籠の青い鳥 羽ばたいた

背中合わせ別々の道
この痛み忘れてしまうの?

もう二度と会えなくても
思い出になっても
僕が君の明日を守るから
もしも辛いというなら忘れて
この願いに終わりを告げて

未来への代償が掌を染めていく
消えてった夢たちが瞬いた

ひとつだけの幸福の椅子
生きるとは奪いあうものだろう

叶わない思い数えて
夜を越えよう
言葉にできない涙は隠して
約束をしよう 嘘になっても
願いは誰にも奪えないさ

今も誰か泣いて
そんなこと知らないまま
誰もかれも笑う

退屈な毎日だと

いつまでもそんな日々を
ずっとずっと祈ろう
僕が君の明日を守れるなら
もしも辛いというなら忘れて
僕のいない明日も笑っていて
もう二度と会えなくても ああ
世界は美しいと信じていて

鹿乃とnamelessと歌詞について

以上が鹿乃 namelessの歌詞です。

  • 鹿乃の楽曲一覧はこちらから
  • nameless関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

鹿乃 namelessの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。