SHISHAMO 夏の恋人 歌詞

SHISHAMO 夏の恋人の歌詞を提供しています。 『夏の恋人』とはSHISHAMOさんが2016/09/07に発売された楽曲です。

夏の恋人 歌詞

曲名:夏の恋人

発売日:2018/3/4

歌手:SHISHAMO

作詞:SHISHAMO

作曲:SHISHAMO

今日も目が覚めて聞こえるのは
蝉の声とあなたの寝息
こんな関係いつまでも きっとしょうもないよね
だけど夏が終わるまで
きっとあなたもそう思ってるんでしょう?
じめじめする部屋の中

いつまでもここにいたいけど
ねえ、だめなんでしょう?
だから今

夏の恋人に手を振って 私からさよならするよ
季節が巡って また夏が来たとしても
そこに二人はいないでしょう
きっと泣くのは私の方だけど 私からさよならするよ
だめね、私

潰れかけたコンビニで 小銭だけを持ち寄ってアイスを買う
あなたはいっつも一番安いシャーベット
公園では夏休みの子供達 それを眺めながら
またあのじめじめした部屋に帰る
大人になんてなりたくないなぁ

いつまでも子供でいたいけど
ねえ、だめなんでしょう?
だから今

もう一人の私が私を引き止める声がする
「このままでもいいじゃない
この夏に閉じ込められて
一生大人になれなくても」

夏の恋人に手を振って 私からさよならするよ
幸せな二人だけど あなたも私もきっと
このままじゃどこにもいけないから
きっと泣くのは私の方だけど さよならするよ
だめね、私

SHISHAMOと夏の恋人と歌詞について

以上がSHISHAMO 夏の恋人の歌詞です。

  • SHISHAMOの楽曲一覧はこちらから
  • 夏の恋人関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

SHISHAMO 夏の恋人の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。