涼風真世 眠りの果て 歌詞

涼風真世 眠りの果ての歌詞を提供しています。 『眠りの果て』とは涼風真世さんが2016/09/07に発売された楽曲です。

眠りの果て 歌詞

曲名:眠りの果て

発売日:2018/3/4

歌手:涼風真世

作詞:涼風真世

作曲:涼風真世

握りしめた手が
枯れながら ほどけてく
陽が沈む海へ
舟はただ流れてく

生まれた日のこと
思い出すために
閉じた瞳 巡る時は
もう どこへも たどり着かない

さよならの
その先へ
花を摘んだら

眠るように
行けばいい
風に連れられ

ふりむけばそこは
荒れ地にも 見えるのに
懐かしい人の
呼ぶ声がしてる まだ

持ってはいけない
荷造りに疲れ
捨てたはずの夢のかけら
また 心は 仕舞い込むけど

さよならの
その先へ
波を合わせよう

愛のせいで
終わらない
歌を残して

さよならの
その先へ
月と戯れ

眠るように
行けばいい
風に連れられ
風に連れられ

涼風真世と眠りの果てと歌詞について

以上が涼風真世 眠りの果ての歌詞です。

  • 涼風真世の楽曲一覧はこちらから
  • 眠りの果て関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

涼風真世 眠りの果ての歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。