瀧川ありさ 色褪せない瞳 歌詞

瀧川ありさ 色褪せない瞳の歌詞を提供しています。 『色褪せない瞳』とは瀧川ありささんが2016/09/07に発売された楽曲です。

色褪せない瞳 歌詞

曲名:色褪せない瞳

発売日:2018/3/4

歌手:瀧川ありさ

作詞:瀧川ありさ

作曲:瀧川ありさ

先を見据える背中に 一つも迷いは見えなくて
わたしの心の中に 小さな炎が生まれてる

君のようになりたいと 同じ歩幅で歩いたけど
気づけば息は上がって 初めてわかった

まだ知らない自分の可能性 箱にしまったままだった
暗がりでは何も見えない 錆び付いた 胸の鍵 抉じ開けて

君には君にだけの 特別な色がある
誰に塗りつぶされそうでも強く光ってる
それぞれの色纏い 生き抜いていくんだよ
君のすべてわたしが守る

今も周り見渡せば 止まることない人混みの中
肩と肩がぶつかっても 言葉は交わされない

強さは誰かを睨んで 突き進むことじゃないよ
目を合わせて笑ってみれば 立ち止まることだって怖くない

君には君にだけの 幸せの場所がある
誰に壊されそうになっても消えることのない
それぞれの幸せを 比べても意味がない
君が笑う 世界がまわる

風がまた記憶を連れてくる 大丈夫ほらね大丈夫
過去の自分と目を合わせて 大空へと深呼吸

ひとりぼっちでいても 自分の色は見えない
君に触れると濁ったこころ透き通ってく

君には君にだけの 特別な色がある
誰に塗りつぶされそうでも強く光ってる
それぞれの色纏い 生き抜いていくんだよ
君のすべてわたしが守る
この炎が心灯すかぎり

瀧川ありさと色褪せない瞳と歌詞について

以上が瀧川ありさ 色褪せない瞳の歌詞です。

  • 瀧川ありさの楽曲一覧はこちらから
  • 色褪せない瞳関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

瀧川ありさ 色褪せない瞳の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。