FUKI ふたりいろ 歌詞

FUKI ふたりいろの歌詞を提供しています。 『ふたりいろ』とはFUKIさんが2016/09/21に発売された楽曲です。

ふたりいろ 歌詞

曲名:ふたりいろ

発売日:2018/3/4

歌手:FUKI

作詞:FUKI

作曲:FUKI

色のない波音
光と影模様
ふたつの足跡
気づけばとなりに

そうやっていくつも
季節は過ぎていって
ボクはキミに何かしてあげられたろうか?

いつかの涙の理由は
遠いあの日の 海に還してさ

キミといられたら それだけでいいよ
何もなくなったって ボクだけはいるよ
それでもいいかな

いつもボクだけがさぁ
好きな色を塗ってさ
「綺麗でしょ?」って笑えば
うなずいてくれたね

空に雲のしらべ
花に愛の言葉
キミにボクの歌で
なんて考えてるんだ

明日の笑顔の理由は
この声と ゆらり風に託してさ

キミといられたら それだけでいいよ
何もなくなったって ボクだけはいるよ
それでもいいかな

描いてたつもりキミのために
ふたりいろ、つまり ひとつのいろ

キミといられたら それだけでいいよ
何もなくなったって ボクだけはいるよ
それでもいいでしょ

FUKIとふたりいろと歌詞について

以上がFUKI ふたりいろの歌詞です。

  • FUKIの楽曲一覧はこちらから
  • ふたりいろ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

FUKI ふたりいろの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。