KFK Night and Day 歌詞

KFK Night and Dayの歌詞を提供しています。 『Night and Day』とはKFKさんが2016/09/07に発売された楽曲です。

Night and Day 歌詞

曲名:Night and Day

発売日:2018/3/4

歌手:KFK

作詞:KFK

作曲:KFK

夢から覚めても湿った枕には
あなたの匂いが少しだけ
消えないまま残った
使い切れなかった
シャンプーとリンスはもう
いっそ殺してくれと言う
僕はまだ気付かないふりで

Night and Day
あなたを忘れられないまま
時計の針 止めた2人
戻れないあの日まで
泣いたって
残酷にまた朝が来て
あなただけがいないと知ったんだ

掃除をしてみよう 気分を変えたくて
いらないものがあり過ぎてさ
バカなんじゃないかって
空っぽになっていく程に満たされて
心臓の音さえも響く
ほど何も無くなってしまった

Night and Day
普通の幸せが欲しくて
いびつなまま抱き合うけれど
傷ついてしまうから
失くなって
楽になるはずがどうして
あなたの影 探し求めてしまうの

神様がもしいるのならば
許される事は無いかもな
すがるように見上げた空
この想いが届けばいいな
時計の針は止まったまま
もう2度とは進まなかった
あなたの髪の匂いだけが
忘れられない 忘れたくない

Night and Day… Night and Day…

Night and Day
あなたを忘れられないまま
時計の針 止めた2人
戻れないあの日まで
泣いたって
残酷にまた朝が来て
あなただけがいないと知ったんだ

KFKとNight and Dayと歌詞について

以上がKFK Night and Dayの歌詞です。

  • KFKの楽曲一覧はこちらから
  • Night and Day関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

KFK Night and Dayの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。