やなぎなぎ 瞑目の彼方 歌詞

やなぎなぎ 瞑目の彼方の歌詞を提供しています。 『瞑目の彼方』とはやなぎなぎさんが2016/08/31に発売された楽曲です。

瞑目の彼方 歌詞

曲名:瞑目の彼方

発売日:2018/3/4

歌手:やなぎなぎ

作詞:やなぎなぎ

作曲:やなぎなぎ

傷の痛みは漸う(ようよう)と
夜明けに薄れ 目を覚ます
焦がれ続けた夢を吐き
現実を呑んで

einherjar (エインヘリヤル)
眠れない
朝を待つプシュケー
寄り添う
einherjar (エインヘリヤル)
さよならを
知ることの出来ない
悲しみ

救いを 狂いを
光に溶かして
静かに 円かに
深奥の眠りを

遥かに揺らぐ夢の先
振り向く度に遠ざかる
願うことすら与えない
冷ややかな日々に

einherjar (エインヘリヤル)
誰のため
灯火を絶えず
翳すの
einherjar (エインヘリヤル)
さよならを
知っているのなら
教えて

救いを 狂いを
光に溶かして
静かに 円かに
深奥の眠りを

微睡みには優しい声
空の彼方響き渡る
光の中開く瞼
夜は終わり 二度と来ない

再び誰かが求める朝まで

やなぎなぎと瞑目の彼方と歌詞について

以上がやなぎなぎ 瞑目の彼方の歌詞です。

  • やなぎなぎの楽曲一覧はこちらから
  • 瞑目の彼方関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

やなぎなぎ 瞑目の彼方の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。