倍賞千恵子 冬景色 歌詞

倍賞千恵子 冬景色の歌詞を提供しています。 『冬景色』とは倍賞千恵子さんが2012/11/21に発売された楽曲です。

冬景色 歌詞

曲名:冬景色

発売日:2018/3/4

歌手:倍賞千恵子

作詞:倍賞千恵子

作曲:倍賞千恵子

さ霧消ゆる 湊江の
舟に白し 朝の霜
ただ水鳥の 声はして
いまだ覚めず 岸の家

烏(からす)啼きて 木に高く
人は畑に 麦を踏む
げに小春日の のどけしや
かえり咲きの 花も見ゆ

嵐吹きて 雲は落ち
時雨(しぐれ)降りて 日は暮れぬ
もし燈火(ともしび)の 漏れ来(こ)ずば
それと分かじ 野辺の里

倍賞千恵子と冬景色と歌詞について

以上が倍賞千恵子 冬景色の歌詞です。

  • 倍賞千恵子の楽曲一覧はこちらから
  • 冬景色関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

倍賞千恵子 冬景色の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。