花江夏樹 青春は残酷じゃない 歌詞

花江夏樹 青春は残酷じゃないの歌詞を提供しています。 『青春は残酷じゃない』とは花江夏樹さんが2016/09/07に発売された楽曲です。

青春は残酷じゃない 歌詞

曲名:青春は残酷じゃない

発売日:2018/3/4

歌手:花江夏樹

作詞:花江夏樹

作曲:花江夏樹

他の人とは違ってた 君の周りの色は
あいまいに微笑んで そっと目をそらした

優しい嘘ならいいとルールを決めていた
それに君は気がついていた
君が気がついていることに僕も 気がついていた

傷つけたくはないけれど 君をもっと知りたい
本当のことはいつも 目の奥にある
傷つきたくはないけれど 僕を知ってほしいよ
青春は残酷じゃない 目を合わせて

魚の群れが翻る こうは生きられないな
美しさを根拠に 全て判断してた

何を考えてるの 不思議な表情で
ビー玉が転がっていく
どこへ行くかも分からないけれど 輝いていた

浅瀬の水をすくって 光にかざして
本当の気持ちいつも 透明だった
夢見がちな僕らは 疑いもしないで
青春を信じきってた 海も見ないで

壊れそう 壊しそう さよならが苦手なのは
傷つける以外の方法が 分からないからさ

お互い同じときに同じこと思った
実はちょっとくらいは 相性よかったかもね

本当のこと全部 君に伝えられた
だから 青春は残酷じゃない
だってきれいだった
勝手かも知れないけど
輝いていた

花江夏樹と青春は残酷じゃないと歌詞について

以上が花江夏樹 青春は残酷じゃないの歌詞です。

  • 花江夏樹の楽曲一覧はこちらから
  • 青春は残酷じゃない関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

花江夏樹 青春は残酷じゃないの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。