倍賞千恵子 早春賦 歌詞

倍賞千恵子 早春賦の歌詞を提供しています。 『早春賦』とは倍賞千恵子さんが2012/11/21に発売された楽曲です。

早春賦 歌詞

曲名:早春賦

発売日:2018/3/4

歌手:倍賞千恵子

作詞:倍賞千恵子

作曲:倍賞千恵子

春は名のみの風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

氷解け去り葦は角(つの)ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日もきのうも 雪の空
今日もきのうも 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思(おもい)を
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か

倍賞千恵子と早春賦と歌詞について

以上が倍賞千恵子 早春賦の歌詞です。

  • 倍賞千恵子の楽曲一覧はこちらから
  • 早春賦関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

倍賞千恵子 早春賦の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。