KFK City Boy City Girl 歌詞

KFK City Boy City Girlの歌詞を提供しています。 『City Boy City Girl』とはKFKさんが2016/09/07に発売された楽曲です。

City Boy City Girl 歌詞

曲名:City Boy City Girl

発売日:2018/3/4

歌手:KFK

作詞:KFK

作曲:KFK

週末の予定が埋まらない
それだけでブルーな月曜日
別に欲しいものは無いけど
何か足りないよな
ネオンばかりの街を歩いても
退屈しのぎにもならないな
ルールなんか本当は
忘れてしまいたいのに

変わらないまま
誰かが笑い合う朝も
変われずにまた
誰かが泣き腫らす夜も越えて

City Boy City Girl
ひび割れた心が不安で
恋の病も進路指導も
全部投げ出そうか
City Boy City Girl
止めないでこのダンスミュージック
それだけだった 僕らの青が
死ぬまで逃避行しよう
僕らはいつもそうだろう

繰り返し重なる足音に
メロディーをつけて歩けたのなら
見飽きたこの風景も
輝きはじめるのに

真夜中の街
誰かが恋におちてる
あたし寂しくて
誰でもいいから話聞いて

City Boy City Girl
現実はもういらないんだ
二度寝したっていつも
夢の続きは見られなかった
City Boy City Girl
つまづく事分かっていて
高いヒールを履いて踊った
ただじゃ帰れないのに
ひとりで始発を待ってた

City Boy City Girl
ひび割れた心が不安で
恋の病も進路指導も
全部投げ出そうか
City Boy City Girl
止めないでこのダンスミュージック
それだけだった 僕らの青が
死ぬまで逃避行しよう
僕らはいつもそう
僕らはいつもそうだろう

KFKとCity Boy City Girlと歌詞について

以上がKFK City Boy City Girlの歌詞です。

  • KFKの楽曲一覧はこちらから
  • City Boy City Girl関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

KFK City Boy City Girlの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。