KFK あいなきせかい 歌詞

KFK あいなきせかいの歌詞を提供しています。 『あいなきせかい』とはKFKさんが2016/09/07に発売された楽曲です。

あいなきせかい 歌詞

曲名:あいなきせかい

発売日:2018/3/4

歌手:KFK

作詞:KFK

作曲:KFK

おやすみ 夜が更けてく
都市の明かりも消えてく
僕らは 何かにいつも
急かされるように 走り続けた

下水に混ざる誰かの
血と涙と髪の毛
カラスの群れは見ていた
馬鹿な僕らを 嘲笑うように

どこまで行けばいいんだろう
戸惑いながら繰り返す

あなたがあなたを嫌いでも
あなたがあなたを許せなくても
僕が許してあげるから
好きなだけ泣けばいい
目に映るものが全てなら
この世界はとうに終わってるから
あなたを想う気持ちだけで
生きているよ だからおやすみ

僕らは遊び疲れて
何がしたいか分からない
流れる景色に酔って
深夜料金 払ってばかりだ

いつまでこんな下らない
事を続けているんだろう

あなたがあなたを失くしても
あなたがあなたを傷付けても
何も変わらない世界が
今日も回り続けている
銃声のような目覚ましに
手を伸ばしまた起き上がったら
「泣き疲れた」って笑えるまで
そばにいるよ だからおやすみ

あいなきせかい

KFKとあいなきせかいと歌詞について

以上がKFK あいなきせかいの歌詞です。

  • KFKの楽曲一覧はこちらから
  • あいなきせかい関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

KFK あいなきせかいの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。