さだまさし 夏は来ぬ 歌詞

さだまさし 夏は来ぬの歌詞を提供しています。 『夏は来ぬ』とはさだまさしさんが2000/08/23に発売された楽曲です。

夏は来ぬ 歌詞

曲名:夏は来ぬ

発売日:2018/3/4

歌手:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

卯の花のにおう垣根に
時鳥 早も来なきて
忍音もらす 夏は来ぬ

さみだれのそそぐ山田に
早乙女が 裳裾ぬらして
玉苗植うる 夏は来ぬ

橘のかおるのきばの
窓近く 螢とびかい
おこたり諌むる 夏は来ぬ

棟ちる川べの宿の
門遠く 水鶏声して
夕月すずしき 夏は来ぬ

さつきやみ 螢とびかい
水鶏なき 卯の花さきて
早苗植えわたす 夏は来ぬ

さだまさしと夏は来ぬと歌詞について

以上がさだまさし 夏は来ぬの歌詞です。

  • さだまさしの楽曲一覧はこちらから
  • 夏は来ぬ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

さだまさし 夏は来ぬの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。