クリープハイプ 誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる 歌詞

クリープハイプ 誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてるの歌詞を提供しています。 『誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる』とはクリープハイプさんが2016/09/07に発売された楽曲です。

誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる 歌詞

曲名:誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる

発売日:2018/3/4

歌手:クリープハイプ

作詞:クリープハイプ

作曲:クリープハイプ

汚い街の隅で 見つけた黒い流れ星に
時間もないから単刀直入に 幸せになりたいと願った
野良猫は立ち止まって 迷惑そうにふりかえる
誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる

嫌よ嫌よも好きの内 良い事ある生きてればその内
あれよあれよともう月夜 見上げる帰り道

あたしほんとに馬鹿だから涙がとまらないよ

なんとなく持て余した 2番のAメロみたいな
なんでもない時間が いまさら愛しい

嫌よ嫌よも好きの内 良い事ある生きてればその内
あれよあれよともう月夜 見上げる帰り道

別にどうでもいいけどさ また良い娘と会う生きてればその内
あれよあれよともう月夜 見上げる帰り道

クリープハイプと誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてると歌詞について

以上がクリープハイプ 誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてるの歌詞です。

  • クリープハイプの楽曲一覧はこちらから
  • 誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

クリープハイプ 誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてるの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。