クリープハイプ けだものだもの 歌詞

クリープハイプ けだものだものの歌詞を提供しています。 『けだものだもの』とはクリープハイプさんが2016/09/07に発売された楽曲です。

けだものだもの 歌詞

曲名:けだものだもの

発売日:2018/3/4

歌手:クリープハイプ

作詞:クリープハイプ

作曲:クリープハイプ

もうやだよ 目は口ほどに物を言うとか言うけれど
あぁもう駄目だ 10個もあったらうるさくてしょうがないね
もうやだよ 目は口ほどに物を言うとは言ってもさ
あぁもう駄目だ 口だって20個あるから困るね

「どんな姿をしていても」なんてどの口が言ってるんだろう
空っぽの目には映ることのない目を覆いたくなるようなけだもの
どんなに目を凝らしても人間には程遠い姿の
鏡に映るこの何かを見て目を覆いたくなるだけだもの

なんてね

もうやだよ 喉から手が出るほど欲しかっただけなのに

「ほど」では済まずに本当に喉から出てきた手を
それでも優しく握り返してくれた手

「どんな姿をしていても」なんてその口が言ったんだね
握り潰した手の感触さえ優しく手のひらに残った
そんなに目を凝らしたら人間には程遠い姿の
瞳に映るこの何かを見て目を覆いたくなるだけだもの

死んでね

クリープハイプとけだものだものと歌詞について

以上がクリープハイプ けだものだものの歌詞です。

  • クリープハイプの楽曲一覧はこちらから
  • けだものだもの関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

クリープハイプ けだものだものの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。