あおい輝彦 夏のときめき 歌詞

あおい輝彦 夏のときめきの歌詞を提供しています。 『夏のときめき』とはあおい輝彦さんが2011/04/06に発売された楽曲です。

夏のときめき 歌詞

曲名:夏のときめき

発売日:2018/3/4

歌手:あおい輝彦

作詞:あおい輝彦

作曲:あおい輝彦

きらめく波よりも まぶしく光るのは
朝日をちりばめた おまえの瞳なのさ
朝焼けの渚は 二人だけの世界
不思議な静けさに なぜか心揺る

愛してゆける そんな気がして
砂にしるした LOVEの文字ひとつ
波が寄せれば 消えちまうけど
二人の胸には消せない 夏のときめき

ハイヒールを脱いで 渚を駆けぬける
微笑む横顔に 嘘など見あたらない
こわれた貸しボート 二人が乗り込めば
すぐにも行けるのさ 甘い恋の島へ

入道雲を指さし 僕に
似ているなんて ふざけあううちに
そっと重なる 熱いまなざし
二人の胸には消せない 夏のときめき

あおい輝彦と夏のときめきと歌詞について

以上があおい輝彦 夏のときめきの歌詞です。

  • あおい輝彦の楽曲一覧はこちらから
  • 夏のときめき関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

あおい輝彦 夏のときめきの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。