ふきのとう おまえと生きる 歌詞

ふきのとう おまえと生きるの歌詞を提供しています。 『おまえと生きる』とはふきのとうさんが2013/04/10に発売された楽曲です。

おまえと生きる 歌詞

曲名:おまえと生きる

発売日:2018/3/4

歌手:ふきのとう

作詞:ふきのとう

作曲:ふきのとう

何もいらない おまえがいれば
側にいてくれ 話がしたい
はるか遠い幼い頃 どんな少女でした
同じような時代の中 生きてめぐり逢えた
そして今はかけがえのない 嬉しさを見る

人には優しく 自分に厳しく
できることなら そうありたいね
人間だから我がままもある
涙飲むこともあるね
それよりいやな思い出ならば 忘れるようにしよう
そして今は生きてることを かみしめてみる

生きるってことは 悲しいことか
歩くってことは 辛いことか
つまずいても転ばぬよう 手をさしのべるから
嘘でもいい 笑ってくれ 子供みたいな顔で
そして今は生きがいとしての おまえと生きる

そして今は生きがいとしての おまえと生きる

ふきのとうとおまえと生きると歌詞について

以上がふきのとう おまえと生きるの歌詞です。

  • ふきのとうの楽曲一覧はこちらから
  • おまえと生きる関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ふきのとう おまえと生きるの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。