ふきのとう 風を見ていた安兵衛 歌詞

ふきのとう 風を見ていた安兵衛の歌詞を提供しています。 『風を見ていた安兵衛』とはふきのとうさんが2013/04/10に発売された楽曲です。

風を見ていた安兵衛 歌詞

曲名:風を見ていた安兵衛

発売日:2018/3/4

歌手:ふきのとう

作詞:ふきのとう

作曲:ふきのとう

風を見ていた安兵衛は 足を踏み出し始める
旅立つ時が来たんだ 吹きすさんだ日々の中で
当分は戻らんぞ 負け犬になって戻らんぞ
あの山越えたら火を焚こう 煙が見えたら手を振れよ

一人旅立つ安兵衛は いつか戻って来るけど
このまま死ぬまでこの町で 終りたくはないんだと
心配はいらないよ 雨風しのげりゃどうにか
はるか西の空一番星が見えたら手を振れよ

涙をこらえて安兵衛は 悲しみを乗り越えて今
一本道をどこまでも 季節は秋から冬へ
魚には海原があり 鳥には広い空があるように
おいらにも生きる道がある 自分の道があるはずだ

当分は戻らんぞ 負け犬になって戻らんぞ
あの山越えたら火を焚こう 煙が見えたら手を振れよ

ふきのとうと風を見ていた安兵衛と歌詞について

以上がふきのとう 風を見ていた安兵衛の歌詞です。

  • ふきのとうの楽曲一覧はこちらから
  • 風を見ていた安兵衛関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ふきのとう 風を見ていた安兵衛の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。