太田裕美 君が言った ほんとの事 歌詞

太田裕美 君が言った ほんとの事の歌詞を提供しています。 『君が言った ほんとの事』とは太田裕美さんが2006/11/22に発売された楽曲です。

君が言った ほんとの事 歌詞

曲名:君が言った ほんとの事

発売日:2018/3/4

歌手:太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

見上げた星空 瞬きは
遥かな過去から届いていると
あの夜に得意げな君が言った
言葉をすぐには信じられなかったけど

今も胸の小さな花がこぼれないのは
かわりもなく照らしてくれる
幼い恋 遠き日の光

ふたり誓った永遠は
六つの季節も越えていけずに
さよならを流星に例えようと
言葉を探して うまくいかない君の顔

思い出せば小さな笑みがこぼれてくる
不思議なものね とめどもなく
流していた涙さえ きらきら

今も胸の小さな花がこぼれないのは
かわりもなく照らしてくれる
幼い恋 遠き日の光
あの夜 君が言ったのは ほんとね

太田裕美と君が言った ほんとの事と歌詞について

以上が太田裕美 君が言った ほんとの事の歌詞です。

  • 太田裕美の楽曲一覧はこちらから
  • 君が言った ほんとの事関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

太田裕美 君が言った ほんとの事の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。