杜このみ 夢一夜 歌詞

杜このみ 夢一夜の歌詞を提供しています。 『夢一夜』とは杜このみさんが2016/08/31に発売された楽曲です。

夢一夜 歌詞

曲名:夢一夜

発売日:2018/3/4

歌手:杜このみ

作詞:杜このみ

作曲:杜このみ

素肌に片袖 通しただけで
色とりどりに 脱ぎ散らかした
床に広がる 絹の海

着ていく服が まだ決まらない
苛立(いらだ)たしさに 口唇かんで
私ほんのり 涙ぐむ

あなたに会う日のときめきは
憧憬(あこがれ)よりも 苦しみめいて

あゝ
夢一夜(ゆめひとよ) 一夜(ひとよ)限りに
咲く花のよう 匂い立つ

恋するなんて 無駄な事だと
例えば人に 言ってはみても
あなたの誘い 拒めない

最後の仕上げに 手鏡みれば
灯(あかり)の下で 笑ったはずが
影を集める 泣きぼくろ

あなたに会う日のときめきは
歓(よろこ)びよりも 切なさばかり

あゝ
夢一夜(ゆめひとよ) 一夜(ひとよ)限りと
言い聞かせては 紅をひく

あなたを愛した はかなさで
私はひとつ大人になった

あゝ
夢一夜(ゆめひとよ) 一夜(ひとよ)限りで
醒めてく夢に 身をまかす

杜このみと夢一夜と歌詞について

以上が杜このみ 夢一夜の歌詞です。

  • 杜このみの楽曲一覧はこちらから
  • 夢一夜関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

杜このみ 夢一夜の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。