栞菜智世 Blue Star 歌詞

栞菜智世 Blue Starの歌詞を提供しています。 『Blue Star』とは栞菜智世さんが2016/08/24に発売された楽曲です。

Blue Star 歌詞

曲名:Blue Star

発売日:2018/3/4

歌手:栞菜智世

作詞:栞菜智世

作曲:栞菜智世

いつからこんなに私 不器用になっていたのかな
寂しくなったけど 無意識のCallすぐ止めた

憧れたはずの場所は キラキラと眩しすぎるから
写真に吹きかけた ため息とか強がりとか
返事なんてないのにね どうして…

ひとりきりなんかじゃないと ひとりきりでつぶやいてた
この声は届くのかな? あの日にはぐれたままの君まで
握りしめてたはずなのに 零れ落ちてた鍵のように
いつかね また出会える ただそう思いたいだけ

いつから星空見上げ 誤魔化すことを覚えたんだろう
キレイなはずなのに 滲んでよく見えないんだ

鏡をのぞいてみても 困ったように笑ってるだけ
“うつむいた数だけ 強くなれる”期待してた
たどり着くまで走った ここまで…

知りたくなんてなかったよ こんな夜が続くのなら
それでも叫び続けるよ いつかは消えてしまうとしたって
溢れそうな想いを乗せて この秒針(はり)は速度をあげた
このまま忘れないと ただそう信じたいから

ひとりきりなんかじゃないと 星がまた教えてくれる
この声は届いてるかな あの日にはぐれたままの君まで
少し立ち止まっていいかな もう少しだけ泣いたらまた
自分らしい明日からを もう一度願ってみるよ

栞菜智世とBlue Starと歌詞について

以上が栞菜智世 Blue Starの歌詞です。

  • 栞菜智世の楽曲一覧はこちらから
  • Blue Star関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

栞菜智世 Blue Starの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。