太田裕美 金平糖 歌詞

太田裕美 金平糖の歌詞を提供しています。 『金平糖』とは太田裕美さんが2016/04/27に発売された楽曲です。

金平糖 歌詞

曲名:金平糖

発売日:2018/3/4

歌手:太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

あの日 私は泣いていた
大事な大事なあの人を
思うたびに涙があふれ
心がチリヂリ砕け散り
誰にも会いたくなくて
何処にも行きたくなくて
ただひたすらにあてどもなく
夜の町を歩いてた

突然星が落ちてきた
あわててすくった手のひらに
小さく白い氷の粒
記憶のかけらの金平糖
私はそっとなめてみた
ほんのり冷たく甘い
口の中で転がすたびに
角が痛い 金平糖

辛い時 何も聞かないで
苦しい時 冗談言ってたね
悲しい時 そっと寄り添って
嬉しい時 抱きしめてくれた

あなたが残してくれた
愛しい愛しい思い出が
この胸いっぱいに広がって
暗い空にのぼっていった

大丈夫 瞳(め)を閉じればそばに
大丈夫 笑顔浮かんでくる
大丈夫 一人じゃないから
大丈夫 歩いて行けるよ

あなたがくれたおくりもの
大事な大事なおくりもの
今度は私が誰かの
心溶かす 金平糖

太田裕美と金平糖と歌詞について

以上が太田裕美 金平糖の歌詞です。

  • 太田裕美の楽曲一覧はこちらから
  • 金平糖関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

太田裕美 金平糖の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。