ザ・ピーナッツ 太陽のかけら 歌詞

ザ・ピーナッツ 太陽のかけらの歌詞を提供しています。 『太陽のかけら』とはザ・ピーナッツさんが2008/03/26に発売された楽曲です。

太陽のかけら 歌詞

曲名:太陽のかけら

発売日:2018/3/4

歌手:ザ・ピーナッツ

作詞:ザ・ピーナッツ

作曲:ザ・ピーナッツ

川面に浮ぶ なつかしい 愛の日
ちぎりかわした 山小屋の窓辺
面影たどれば 山路ははてもなく
谷間の花さえ 咲きにおう春に
しあわせ求めて さまようわが恋

川面に浪立ち 消えゆくまぼろし
二人の誓いは かわらぬものを
あの日を呼んでも こだまは声もなく
氷の岩肌 こぼれ日も薄く
北国の空に かえらぬわが春
かえらぬわが春

ザ・ピーナッツと太陽のかけらと歌詞について

以上がザ・ピーナッツ 太陽のかけらの歌詞です。

  • ザ・ピーナッツの楽曲一覧はこちらから
  • 太陽のかけら関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ザ・ピーナッツ 太陽のかけらの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。