伍代夏子 しのぶ 歌詞

伍代夏子 しのぶの歌詞を提供しています。 『しのぶ』とは伍代夏子さんが1996/09/21に発売された楽曲です。

しのぶ 歌詞

曲名:しのぶ

発売日:2018/3/4

歌手:伍代夏子

作詞:伍代夏子

作曲:伍代夏子

吐息まじりに 微笑(わら)った
頬に淋(さみ)しい ほくろがひとつ
どこかおまえに 似ている
似ているようで
酔いにまかせて 抱きよせた
しのぶ…… しのぶ……
小さな爪が ああ 背にいたい

不幸つづきの 運命(さだめ)が
痩(や)せたおまえを なお細くする
なんでいまさら 旅路の
旅路のはてで
すてたおんなの 名をなぞる
しのぶ…… しのぶ……
のむほどにがい ああ こおり酒

おとぎばなしか 酒場は
酒のちからで 夢さえかなう
ふたり咲かせる 小さな
小さな春を
逢いに帰ろうか あの路地へ
しのぶ…… しのぶ……
さすらう町に ああ 冬の雨

伍代夏子としのぶと歌詞について

以上が伍代夏子 しのぶの歌詞です。

  • 伍代夏子の楽曲一覧はこちらから
  • しのぶ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

伍代夏子 しのぶの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。