五輪真弓 遠いまち 歌詞

五輪真弓 遠いまちの歌詞を提供しています。 『遠いまち』とは五輪真弓さんが2016/04/27に発売された楽曲です。

遠いまち 歌詞

曲名:遠いまち

発売日:2018/3/4

歌手:五輪真弓

作詞:五輪真弓

作曲:五輪真弓

うららかな春は いつくるのかしら
さむそうな白梅 つぶやいた
もうじき雪が とけたなら
土の中から 顔をだして
あなたに ほほえみかけてくれるよ

茜雲きれいな 日ぐれ空に
町はしずかに うもれてく
悲しみだいた わたしに
あたたかいまなざしを
おくってくれたあなたに
きっと くるでしょう 春が

もうじき雪が とけたなら
土の中から 顔をだして
あなたに 春がほほえむでしょう

五輪真弓と遠いまちと歌詞について

以上が五輪真弓 遠いまちの歌詞です。

  • 五輪真弓の楽曲一覧はこちらから
  • 遠いまち関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

五輪真弓 遠いまちの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。