伍代夏子 ひばりの佐渡情話 歌詞

伍代夏子 ひばりの佐渡情話の歌詞を提供しています。 『ひばりの佐渡情話』とは伍代夏子さんが1996/09/21に発売された楽曲です。

ひばりの佐渡情話 歌詞

曲名:ひばりの佐渡情話

発売日:2018/3/4

歌手:伍代夏子

作詞:伍代夏子

作曲:伍代夏子

佐渡の荒磯(ありそ)の 岩かげに
咲くは鹿(か)の子の 百合の花
花を摘みつみ なじょして泣いた
島の娘は なじょして泣いた
恋はつらいというて 泣いた

波に追われる 鴎(かもめ)さえ
恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ
沖をながめて なじょして泣いた
島の娘は なじょして泣いた
逢えぬお人というて 泣いた

佐渡は四十九里 荒海に
ひとりしょんぼり 離れ島
袂(たもと)だきしめ なじょして泣いた
島の娘は なじょして泣いた
わしもひとりというて 泣いた

伍代夏子とひばりの佐渡情話と歌詞について

以上が伍代夏子 ひばりの佐渡情話の歌詞です。

  • 伍代夏子の楽曲一覧はこちらから
  • ひばりの佐渡情話関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

伍代夏子 ひばりの佐渡情話の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。