香西かおり 夢の途中 歌詞

香西かおり 夢の途中の歌詞を提供しています。 『夢の途中』とは香西かおりさんが1993/12/10に発売された楽曲です。

夢の途中 歌詞

曲名:夢の途中

発売日:2018/3/4

歌手:香西かおり

作詞:香西かおり

作曲:香西かおり

さよならは別れの言葉じゃなくて
再び逢うまでの遠い約束
現在を嘆いても
胸を痛めても
ほんの夢の途中
このまま何時間でも抱いていたいけど
ただこのまま冷たい頬を暖めたいけど

都会は秒刻みのあわただしさ
恋もコンクリートの籠の中
君がめぐり逢う
愛に疲れたら
きっともどっておいで
愛した男たちを思い出に替えて
いつの日にか僕のことを想い出すがいい
ただ心の片隅にでも小さくメモして

スーツケースいっぱいにつめこんだ
希望という名の重い荷物を
君は軽々と
きっと持ち上げて
笑顔見せるだろう
愛した男たちを輝きに替えて
いつの日にか僕のことを想い出すがいい
ただ心の片隅にでも小さくメモして

香西かおりと夢の途中と歌詞について

以上が香西かおり 夢の途中の歌詞です。

  • 香西かおりの楽曲一覧はこちらから
  • 夢の途中関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

香西かおり 夢の途中の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。