ふくろうず 夏のまぼろし 歌詞

ふくろうず 夏のまぼろしの歌詞を提供しています。 『夏のまぼろし』とはふくろうずさんが2016/07/13に発売された楽曲です。

夏のまぼろし 歌詞

曲名:夏のまぼろし

発売日:2018/3/4

歌手:ふくろうず

作詞:ふくろうず

作曲:ふくろうず

焼けつく肌よせて
無邪気な 無邪気な 季節だった

永遠じゃない 未来もない
それでも 君のこと 笑わせたかった

細い指が 触れたら
青い春が はじけた

それは

夏のまぼろしサイダー 君は少しダサいや
夏のまぼろしサイダー グッバイグッバイグッバイ

あつい おもい
2度とは 2度とは
ないのかな

残酷なキスした 泣けちゃうほどキスした

それは

夏のまぼろしサイダー 意味は求めてないや
夏のまぼろしサイダー グッバイグッバイグッバイ
あたしの好きな人は いつも少しダサいや
夏のまぼろしサイダー グッバイグッバイグッバイ

後ろ指さされても やっちゃえばよかったのに

夏のまぼろしサイダー 陽炎揺れて消えた
夏のまぼろしサイダー さよなら言えないまま

夏のまぼろしサイダー 君は少しダサいや
夏のまぼろしサイダー グッバイグッバイグッバイ

グッバイグッバイグッバイ

ふくろうずと夏のまぼろしと歌詞について

以上がふくろうず 夏のまぼろしの歌詞です。

  • ふくろうずの楽曲一覧はこちらから
  • 夏のまぼろし関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ふくろうず 夏のまぼろしの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。