水槽のクジラ からのそら 歌詞

水槽のクジラ からのそらの歌詞を提供しています。 『からのそら』とは水槽のクジラさんが2016/07/06に発売された楽曲です。

からのそら 歌詞

曲名:からのそら

発売日:2018/3/4

歌手:水槽のクジラ

作詞:水槽のクジラ

作曲:水槽のクジラ

互い違う こころで
上手いこと笑ってさ
わたしは上手に
生きれてるなんて
信じてた

乾いた喉に生活を
飲み干した胸に銃声を放つ
冷たくなっていく花弁
まぶしさにいつもかまけて
誰もみえなくなっていた

悲しくたって笑われたっていいよ
僕にはなにもない空でも
愛をファズで汚して分かり合おうって
気付けなかった僕らは

空っぽの声が誰だか分からない
体温にばかり許しを求めてる
空っぽの声を誰か教えて?
太陽にばかり全てを求めてる

悲しくたって笑われたっていいよ
僕にはなにもない空でも
愛をファズで汚して分かり合おうって
気付けなかった僕らは

現実味はない、いつも傷付ける
上手く咲かせられない、間違っていたよね?
もう4月はない、ももいろに揺れた
太陽、照らして、僕達を、今

水槽のクジラとからのそらと歌詞について

以上が水槽のクジラ からのそらの歌詞です。

  • 水槽のクジラの楽曲一覧はこちらから
  • からのそら関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

水槽のクジラ からのそらの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。