柴咲コウ テルーの唄 歌詞

柴咲コウ テルーの唄の歌詞を提供しています。 『テルーの唄』とは柴咲コウさんが2016/07/20に発売された楽曲です。

テルーの唄 歌詞

曲名:テルーの唄

発売日:2018/3/4

歌手:柴咲コウ

作詞:柴咲コウ

作曲:柴咲コウ

夕闇迫る雲の上 いつも一羽で飛んでいる
鷹はきっと悲しかろう
音も途絶えた風の中 空を掴んだその翼
休めることはできなくて

心を何にたとえよう 鷹のようなこの心
心を何にたとえよう 空を舞うよな悲しさを

雨のそぼ降る岩陰に いつも小さく咲いている
花はきっと切なかろう
色も霞んだ雨の中 薄桃色の花びらを
愛でてくれる手もなくて

心を何にたとえよう 花のようなこの心
心を何にたとえよう 雨に打たれる切なさを

人影絶えた野の道を 私とともに歩んでる
あなたもきっと寂しかろう
虫の囁く草原(くさはら)を ともに道行く人だけど
絶えて物言うこともなく

心を何にたとえよう 一人道行くこの心
心を何にたとえよう 一人ぼっちの寂しさを

柴咲コウとテルーの唄と歌詞について

以上が柴咲コウ テルーの唄の歌詞です。

  • 柴咲コウの楽曲一覧はこちらから
  • テルーの唄関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

柴咲コウ テルーの唄の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。