美空ひばり 港は別れてゆくところ 歌詞

美空ひばり 港は別れてゆくところの歌詞を提供しています。 『港は別れてゆくところ』とは美空ひばりさんが2015/08/01に発売された楽曲です。

港は別れてゆくところ 歌詞

曲名:港は別れてゆくところ

発売日:2018/3/4

歌手:美空ひばり

作詞:美空ひばり

作曲:美空ひばり

白いお船が 着くたびに
もしやと 港に行ったっけ
そしてね……
そしてしょんぼり 涙ぐんでは
戻ってくるの
あゝ あの人は
外国航路の マドロスだった

死ぬほど愛した ふたりでも
港は 別れてゆくところ
だからね……
だからいまさら 泣いてみたって
仕方がないさ
あゝ 夢だもの
誰でも一度は 見る夢だもの

手紙がいっぺん あったきり
あの人 あの船なぜ来ない
いつもね……
いつもひとりで 海を見ている
風見の鳥よ
あゝ 汐風が
噂をしてたら 聞かせておくれ

美空ひばりと港は別れてゆくところと歌詞について

以上が美空ひばり 港は別れてゆくところの歌詞です。

  • 美空ひばりの楽曲一覧はこちらから
  • 港は別れてゆくところ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

美空ひばり 港は別れてゆくところの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。