森昌子 翔び立つ鳥のように 歌詞

森昌子 翔び立つ鳥のようにの歌詞を提供しています。 『翔び立つ鳥のように』とは森昌子さんが2016/07/01に発売された楽曲です。

翔び立つ鳥のように 歌詞

曲名:翔び立つ鳥のように

発売日:2018/3/4

歌手:森昌子

作詞:森昌子

作曲:森昌子

咲いた花が枯れるように
どんな恋もいつか終わると
痛いくらい 解っていても
ひとは愛を信じたいもの

しあわせになるのが怖くて
ひとりが好きなフリをしてた
今はもう迷いたくない
こんな気持ち初めてなの

鳥が空に身をあずけて
広い海を渡るように
信じたいの あなたの空
飛んでいくわ この翼で
あしたへ

雨降る日も風吹くときも
あなたの空 飛んでいくわ
青い空が荒れるときも
きっと向こうに 虹が見えるわ

別れが来るのが辛くて
恋は嫌いと強がってた
今はもう迷いたくない
あなたとふたり生きてみたい

こんな時を待っていたの
夢の扉 開けて行くわ
あしたからの何もかもが
バラ色なんかじゃ なくてもいい
あなたとなら

鳥が空に身をあずけて
広い海を渡るように
信じたいの あなたの空
飛んでいくわ この翼で
あしたへ

森昌子と翔び立つ鳥のようにと歌詞について

以上が森昌子 翔び立つ鳥のようにの歌詞です。

  • 森昌子の楽曲一覧はこちらから
  • 翔び立つ鳥のように関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

森昌子 翔び立つ鳥のようにの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。