鶴田浩二 哀愁酒場 歌詞

鶴田浩二 哀愁酒場の歌詞を提供しています。 『哀愁酒場』とは鶴田浩二さんが2005/09/22に発売された楽曲です。

哀愁酒場 歌詞

曲名:哀愁酒場

発売日:2018/3/4

歌手:鶴田浩二

作詞:鶴田浩二

作曲:鶴田浩二

酒は飲めても 酔えない人が
肩を寄せ合う 身を寄せる
それでなくても 寂しいものを
誰が呼んだか 哀愁酒場
滲む灯影も あゝ ほの暗い

何も云ううまい 云うのは辛い
胸にしまって 忍ぼうよ
青いグラスに 落とした涙
乾(ほ)せば切ない 哀愁酒場
尽きぬ嘆きが あゝ また溜る

笑うつもりで 歪んだ笑顔
何処へ向けたら いいのやら
喫(ふ)かす煙草の 煙りも細く
揺れて消えゆく 哀愁酒場
月も小窓で あゝ 泣いている

鶴田浩二と哀愁酒場と歌詞について

以上が鶴田浩二 哀愁酒場の歌詞です。

  • 鶴田浩二の楽曲一覧はこちらから
  • 哀愁酒場関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

鶴田浩二 哀愁酒場の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。