南こうせつ インドの娘へ 歌詞

南こうせつ インドの娘への歌詞を提供しています。 『インドの娘へ』とは南こうせつさんが2007/09/12に発売された楽曲です。

インドの娘へ 歌詞

曲名:インドの娘へ

発売日:2018/3/4

歌手:南こうせつ

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

思い出すよ アニタ
母なる国インドヘ帰っていった
思い出すよ アニタ
君はいつでもつつましかった

肉を食べず 魚も食べず
自然に仕える 生命(いきもの)たちの命を尊び

あー 豊かに流れるガンジス河
ガンジス河の そぱに立ちたい
そして 生きる人達の唄をうたいたい

思い出すよ アニタ
旅人達の帰る国忘れるものか
いつもそぱにいた アニタ
赤いサリー風に揺れていた

水を信じ 光を信じ
日本は豊かと 微笑みながら僕に話した

あー 高原にひびくシタールの音
そのシタールの ひびきに包まれて
そして 生きる人達の唄をうたいたい

あー アニタ 遠いアニタ
あー アニタ 心の恋人

あー アニタ 遠いアニタ

南こうせつとインドの娘へと歌詞について

以上が南こうせつ インドの娘への歌詞です。

  • 南こうせつの楽曲一覧はこちらから
  • インドの娘へ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

南こうせつ インドの娘への歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。