南こうせつ 銀色のオルゴール 歌詞

南こうせつ 銀色のオルゴールの歌詞を提供しています。 『銀色のオルゴール』とは南こうせつさんが2007/09/12に発売された楽曲です。

銀色のオルゴール 歌詞

曲名:銀色のオルゴール

発売日:2018/3/4

歌手:南こうせつ

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

闇から生まれた 銀色のオルゴール
凍り付いたままの 鍵は解けて
初めてのメロディに そっと眠る
桜の花束 風にゆれる
今夜は少し酔いながら
はかない物語夢見てる

今はただ
悔やまないように
今はただ
はらはらと
流れてゆく春を

夜のしじまに不意に とぎれたオルゴール
花びらの香り 残したまま
耳の奥のメロディに そっとまどろむ
桜の花束 風にゆれる
季節はいつか変わっても
この夜の匂い忘れない

今はただ
悔やまないように
今はただ
はらはらと
流れてゆく涙を

今はただ
悔やまないように
今はただ
はらはらと
流れてゆく涙を

南こうせつと銀色のオルゴールと歌詞について

以上が南こうせつ 銀色のオルゴールの歌詞です。

  • 南こうせつの楽曲一覧はこちらから
  • 銀色のオルゴール関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

南こうせつ 銀色のオルゴールの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。