柴咲コウ そして僕は途方に暮れる 歌詞

柴咲コウ そして僕は途方に暮れるの歌詞を提供しています。 『そして僕は途方に暮れる』とは柴咲コウさんが2016/07/20に発売された楽曲です。

そして僕は途方に暮れる 歌詞

曲名:そして僕は途方に暮れる

発売日:2018/3/4

歌手:柴咲コウ

作詞:柴咲コウ

作曲:柴咲コウ

見慣れない服を着た
君が今 出ていった
髪形を整え
テーブルの上も そのままに

ひとつのこらず君を
悲しませないものを
君の世界のすべてに すればいい

そして僕は 途方に暮れる

ふざけあったあのリムジン
遠くなる 君の手で
やさしくなれずに 離れられずに
思いが残る

もうすぐ雨のハイウェイ
輝いた季節は
君の瞳に何を うつすのか

そして僕は 途方に暮れる

あの頃の君の笑顔で この部屋は
みたされていく
窓を曇らせたのは なぜ

君の選んだことだから
きっと 大丈夫さ
君が心に決めたことだから

そして僕は 途方に暮れる

見慣れない服を着た
君が今 出て行った

柴咲コウとそして僕は途方に暮れると歌詞について

以上が柴咲コウ そして僕は途方に暮れるの歌詞です。

  • 柴咲コウの楽曲一覧はこちらから
  • そして僕は途方に暮れる関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

柴咲コウ そして僕は途方に暮れるの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。