The Wisely Brothers 鉄道 歌詞

The Wisely Brothers 鉄道の歌詞を提供しています。 『鉄道』とはThe Wisely Brothersさんが2016/07/13に発売された楽曲です。

鉄道 歌詞

曲名:鉄道

発売日:2018/3/4

歌手:The Wisely Brothers

作詞:The Wisely Brothers

作曲:The Wisely Brothers

分からないときは黙るものなの
心に名前つけないでunderneath my cover
駆け落ちしてみたの雪の降らない夜
積み立てたものにためらい添えて

欲望を満たせないなら書き出すラブレター
聖地の雨季の冬の終りなのに
ときが重くてとびだす涙なんて
ただの温度で忘れているまで

言うから
ステイな心オリーブに深まりはじめ
言うから
つたない言葉より目を合わせて

それほど長くはかかりはしないって
近づくメロスにブルーベリーの叫び
昔の合い言葉を思い出すだけ
離れると近づく魔法で

言うから
祈るのはやめてにらみつけては
言うから
好きだよ 鉄道の先に見える

永遠の半ばはそろそろ過ぎていて
何かに戻るつもりはない
思い出して
ため息まじりに
季節のリフレイン

言うから
言うから
最近鉄道の夢を見る

The Wisely Brothersと鉄道と歌詞について

以上がThe Wisely Brothers 鉄道の歌詞です。

  • The Wisely Brothersの楽曲一覧はこちらから
  • 鉄道関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

The Wisely Brothers 鉄道の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。