小桜舞子 浮世草 歌詞

小桜舞子 浮世草の歌詞を提供しています。 『浮世草』とは小桜舞子さんが2016/07/20に発売された楽曲です。

浮世草 歌詞

曲名:浮世草

発売日:2018/3/4

歌手:小桜舞子

作詞:小桜舞子

作曲:小桜舞子

人目引くよな 蓮(はちす)の花は
濁り水ほど 白く咲く
街の隅でも この人と
そんな生き方 したくなる
涙いくたび 重ね着に
越えたおんなの 浮世草

どこか一つに 秀(ひい)でた人の
人を見る目の 暖かさ
夫婦(めおと)きどりで 交わす酒
遅い小さな 縁(えにし)でも
夢はここから 始まって
実るとき待つ 浮世草

雨にぬれてる 露地の灯(ひ)さえも
月に見えそな 恋ごころ
そうよ身の丈(たけ) 知ってこそ
掴(つか)むものです しあわせは
そばに寄り添う この人に
尽くし切りたい 浮世草

小桜舞子と浮世草と歌詞について

以上が小桜舞子 浮世草の歌詞です。

  • 小桜舞子の楽曲一覧はこちらから
  • 浮世草関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

小桜舞子 浮世草の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。