polly 言葉は風船 歌詞

polly 言葉は風船の歌詞を提供しています。 『言葉は風船』とはpollyさんが2016/07/13に発売された楽曲です。

言葉は風船 歌詞

曲名:言葉は風船

発売日:2018/3/4

歌手:polly

作詞:polly

作曲:polly

なんか哀しいな
ひとりのこの部屋は
そっと目を閉じて
あなたをおもった

ああ冷たいな
夜に降る雨は
なんかうるさいな
僕に吹く風は

弱い言葉を2つ並べて
どちらでもない方を僕は選ぶから

「まるで言葉は風船のように軽くて嫌だな」
って思った時には遅くて僕を悩ませる
言葉は風船のように
フワリって飛んで行ってどこかで萎むのだから

まだ足りないなって
思っていた頃に
そっと吹いてきた
穴を埋める言葉

まだわからないな
ここにいる理由が
ただわかるのは
理由があることかな

丸い言葉を隅に隠して四角いため息を
少し疲れたな…

「いつも言葉は風船のように脆くて怖いな」
って思った時には遅くて僕を狂わせる
言葉は風船のように
パチリって割れちゃって痛みを見せるのだから

“もしも君がいないなら私なんていらないよ”って
子供騙しの言葉は
僕には必要ないよ

時に
言葉は鋭い刃のように
痛くて嫌だなって
思った時には遅くて
君を傷つける
時に
言葉は風船のように
丸くて綺麗なんて
思えることもある

いつか
大事な誰かと出会って
歳取って丸くなって
いつかの風船に糸を
そっと巻けたなら
僕らは風船に乗って
フワリって飛んで行って
何かを照らすのだから

少しわかったよ
ここにいる理由が

pollyと言葉は風船と歌詞について

以上がpolly 言葉は風船の歌詞です。

  • pollyの楽曲一覧はこちらから
  • 言葉は風船関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

polly 言葉は風船の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。