六道寺恵梨 赤い約束 歌詞

六道寺恵梨 赤い約束の歌詞を提供しています。 『赤い約束』とは六道寺恵梨さんが2016/06/15に発売された楽曲です。

赤い約束 歌詞

曲名:赤い約束

発売日:2018/3/4

歌手:六道寺恵梨

作詞:六道寺恵梨

作曲:六道寺恵梨

虹のかかる空には まるで夢色描いた
赤く染まる空色 まるで二人のようだね
気付けないままだった 辛い思い出忘れよう
君と歩幅合わせて 共に歩いていけるように

肩を並べて そっと寄り添っていたいな
星に願いを 君のためなら何でもできる誓おう

きっと ゴールへ向かっている
先も見えずに走っていた 君を感じていたい
支えてみせる 乗り越えてみよう
いつも 見ていたよ辛い時
涙 見せずに笑っていた 君の顔色が
赤く染まった もう一人じゃない

どんな時も前だけ向いて
諦めない君の姿
ずっと見守っているから
どうかそのままで
ありのままの君で
がんばってね

ずっと ゴールを目指していた
先も見えずに走っていた 君を支えるから
乗り越えていこう 赤く実っていく
いつも 見ていたいよ辛い時
涙見せずに笑っていた 君を守るから
支えていくよ 約束をしよう

六道寺恵梨と赤い約束と歌詞について

以上が六道寺恵梨 赤い約束の歌詞です。

  • 六道寺恵梨の楽曲一覧はこちらから
  • 赤い約束関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

六道寺恵梨 赤い約束の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。