THE イナズマ戦隊 最後の小節 歌詞

THE イナズマ戦隊 最後の小節の歌詞を提供しています。 『最後の小節』とはTHE イナズマ戦隊さんが2016/07/13に発売された楽曲です。

最後の小節 歌詞

曲名:最後の小節

発売日:2018/3/4

歌手:THE イナズマ戦隊

作詞:THE イナズマ戦隊

作曲:THE イナズマ戦隊

もう直ぐ冬が来るねと川沿いを歩きながら
うつむいた横顔が泣き顔に見えた
あの日の俺達ならどんな風に乗り越えたかな
あなたを悲しませるくらい変わったのかな

時代を下る水の中 諦める事を知る
出会った日の輝きが 遠く流れてく

あなただけを想っていたはずなのに
重なり合った影が離れてく俺達に
さよならからのドラマが待ってたなんて
恋を奏でたメロディ最後の小節 遠く響いてる

変わりなく過ぎてく日々どんな風に生きてますか
突き刺す冷えた風がいつもより沁みた

年甲斐もなく恋しくて 凍えそうな空の下
しみったれた男だと 月が笑ってる

さよならなんてシナリオに無い言葉を
あなたの香りが残るこの部屋が胸を締め付ける

貴方だけを想っていたはずなのに
重なり合った影が離れてく俺達に
さよならからのドラマが待ってたなんて
恋を奏でたメロディ最後の小節 遠く響いてる

THE イナズマ戦隊と最後の小節と歌詞について

以上がTHE イナズマ戦隊 最後の小節の歌詞です。

  • THE イナズマ戦隊の楽曲一覧はこちらから
  • 最後の小節関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

THE イナズマ戦隊 最後の小節の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。