SION 砂の城 歌詞

SION 砂の城の歌詞を提供しています。 『砂の城』とはSIONさんが2001/06/16に発売された楽曲です。

砂の城 歌詞

曲名:砂の城

発売日:2018/3/4

歌手:SION

作詞:SION

作曲:SION

気にしないで行く 気になっていても
まだ見えない壁に潰されたりはしない

重かった季節が懐かしいように
この最悪だって こえるためにある

波打ち際で 砂の城を作って
波にさらわれて 崩れ 溶けて 消えて だからまた作る

彼女はかわいくて だから好きだ
彼女も抱えてる ひとり分の夜を

答えを欲しがる あいつに言ってやれ
そうせかすなって 順番があるんだ

波打ち際で 砂の城を作って
波にさらわれて 崩れ 溶けて 消えて だからまた作る

悲しくはない
これが好きだから・ら・ら

気にしないで行く 気になっていても
いくつでも数えな 俺は好きな時に跳ぶ

波打ち際で 砂の城を作って
波にさらわれて 崩れ 溶けて 消えて だからまた作る

波打ち際で 砂の城を作って
波にさらわれて 崩れ 溶けて 消えて だからまた作る

悲しくはない
これが好きだから
悲しくはない
これが好きだから・ら・ら

SIONと砂の城と歌詞について

以上がSION 砂の城の歌詞です。

  • SIONの楽曲一覧はこちらから
  • 砂の城関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

SION 砂の城の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。