加治ひとみ Ti Amo 歌詞

加治ひとみ Ti Amoの歌詞を提供しています。 『Ti Amo』とは加治ひとみさんが2016/08/03に発売された楽曲です。

Ti Amo 歌詞

曲名:Ti Amo

発売日:2018/3/4

歌手:加治ひとみ

作詞:加治ひとみ

作曲:加治ひとみ

日曜日の夜は ベッドが広い
眠らない想い 抱いたまま 朝を待つ
帰る場所がある あなたのこと
好きになってはいけない わかってた 初めから

どれだけの想いならば 愛と呼んでいいのでしょうか
この胸をしめつけてる気持ちに名前をください

キスをするたびに 目を閉じてるのは 未来(あした)を見たくないから
抱きしめられると ときめく心は あなたをまだ信じてる
声に出さないまま 「愛してる」と叫ぶの

おきまりの台詞 なぞるだけの
遊びのような恋には向いてない むかしから

誰ひとり傷つけない恋を 人は愛と呼ぶけど
この罪を背負いながら 生きてく覚悟はできてる

部屋を出る時は「さよなら」じゃなくて「おやすみ」と言って欲しい
終止符くらいは私に打たせて それが最後のわがまま
ひとりきりではもう ラブソング歌えない

もっと早く会えたら あなたと知りあえたら
ふたりの歩幅も合わせられたのに
もっと長く会えたら あなたと向きあえたら
ふたりは心も重ねてた (Ti Amo)

キスをするたびに 目を閉じてるのは 未来(あした)を見たくないから
抱きしめられると ときめく心は あなたをまだ信じてる
声に出さないまま 「愛してる」…

「僕は弱いね」と 自分から告げた ずるい人だわ あなたは
時計をはずして 微笑んでくれる 優しい人ね あなたは
笑顔くずさないで 嘘を見抜きたくない

加治ひとみとTi Amoと歌詞について

以上が加治ひとみ Ti Amoの歌詞です。

  • 加治ひとみの楽曲一覧はこちらから
  • Ti Amo関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

加治ひとみ Ti Amoの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。