小田純平 泉州祭節 歌詞

小田純平 泉州祭節の歌詞を提供しています。 『泉州祭節』とは小田純平さんが2016/07/20に発売された楽曲です。

泉州祭節 歌詞

曲名:泉州祭節

発売日:2018/3/4

歌手:小田純平

作詞:小田純平

作曲:小田純平

通りに聞こえる だんじり囃子(ばやし)
城下の町が 湧き上がる
祭のために 生まれたような
男の心が 血が騒ぐ
ソーリャ ソーリャ ソーリャ ソーリャ
泉州 男の祭節

一年一度の 命の舞台
髄(ずい)まで燃えて 燃え尽きる
涙も汗も 火花を散らし
曇った魂 磨くのさ
ソーリャ ソーリャ ソーリャ ソーリャ
泉州 男の祭節

揃いの法被(はっぴ)は 絆の標(しるし)
呼吸を合わす やりまわし
祭が生きる 証(あかし)になると
男の浪漫(ロマン)が 華開く
ソーリャ ソーリャ ソーリャ ソーリャ
泉州 男の祭節

小田純平と泉州祭節と歌詞について

以上が小田純平 泉州祭節の歌詞です。

  • 小田純平の楽曲一覧はこちらから
  • 泉州祭節関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

小田純平 泉州祭節の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。