笛吹もも香 雨の鎌倉 歌詞

笛吹もも香 雨の鎌倉の歌詞を提供しています。 『雨の鎌倉』とは笛吹もも香さんが2016/01/06に発売された楽曲です。

雨の鎌倉 歌詞

曲名:雨の鎌倉

発売日:2018/3/4

歌手:笛吹もも香

作詞:笛吹もも香

作曲:笛吹もも香

忘れられない 恋だから
噂にひかれ 訪ねたの
寄り添い歩く 切通し
今はとっても 懐かしい
雨の鎌倉
紫陽花寺から 大仏様へ
思い出が続く…
せめても一度 逢いたくて

日暮れ間近の由比ヶ浜
二人の恋よ いつまでも
長谷寺まいり 夏木立
胸がときめく いまだって
雨の鎌倉
あなたの面影 さがしてしまうの
どうしてるかしら…
小町通りの 人なみに

雨の鎌倉
紫陽花寺から 大仏様へ
思い出が続く…
せめても一度 逢いたくて
せめても一度 逢いたくて

笛吹もも香と雨の鎌倉と歌詞について

以上が笛吹もも香 雨の鎌倉の歌詞です。

  • 笛吹もも香の楽曲一覧はこちらから
  • 雨の鎌倉関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

笛吹もも香 雨の鎌倉の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。