ASAGI ZERO 歌詞

ASAGI ZEROの歌詞を提供しています。 『ZERO』とはASAGIさんが2016/04/27に発売された楽曲です。

ZERO 歌詞

曲名:ZERO

発売日:2018/3/4

歌手:ASAGI

作詞:ASAGI

作曲:ASAGI

外界ガ齎スノハ精神ト肉体ヘノ堕落
災イノ種ヲ振リ撒ク迷イ人ヨ立チ去レ 立チ去レ

何もかも奪い この森さえも滅ぼすと言うのであれば
禁忌さえ厭わない 老いた魂に代えて食い止めよう 後世までも呪われよ

見タモノ聞イタモノノ全テノ記憶ヲ差シ出セ
然モナクバソノ首ハ二度ト故郷ヘハ還レマイ

緑に火が放たれる 命の焼け跡 地は穢れた

秘境の渓谷で見た面妖たる女人の里
黒き風が囁くと木々は身を震わせた

何もかも奪い この森さえも滅ぼすと言うのであれば
禁忌さえ厭わない 老いた魂に代えて食い止めよう 後世までも呪われよ

「生マレ来ル子ニ追ワレテ オマエハヤガテ死ニ至ル」

癒える間もなく娘は悪王の胎児を宿した
信じるも信じぬも時の歯車は戻せない

廻る廻れ 数奇なる人生を巡り 夢の中溺れる様に藻掻いた
母の眼を通じ初めて触れる心には愛がないのだと知った
絶望の未来 選択肢には最初から祝福なんてなかった
自らが選ぶ零の旅には道連れに赤い花々を咲かせよう
心拍が途絶え 体は溶けてゆく…

ASAGIとZEROと歌詞について

以上がASAGI ZEROの歌詞です。

お願い

ASAGI ZEROの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。