シャンクス(池田秀一) Bridge of Dreams 歌詞

シャンクス(池田秀一) Bridge of Dreamsの歌詞を提供しています。 『Bridge of Dreams』とはシャンクス(池田秀一)さんが2016/02/24に発売された楽曲です。

Bridge of Dreams 歌詞

曲名:Bridge of Dreams

発売日:2018/3/4

歌手:シャンクス(池田秀一)

作詞:シャンクス(池田秀一)

作曲:シャンクス(池田秀一)

青い海と青い空が出逢う場所に
澄んだ鐘の音が響いている

「たまにはこんな 穏やかな時間もいいもんだろう?」
牛窓(うしまど)の風は そう俺にささやきかけた

まぶしさに任せて 目を閉じてみる

笠岡ベイには 一面のひまわり畑
太陽のスポットライト 一身に浴びて
アイツが笑ってるみたいだ

吉備津神社に 桃太郎の伝説
犬と猿と雉を仲間に鬼退治か

くくくっ…やっぱりこの場所は 俺に
アイツを思い出させてぇみてぇだな

この世界は海で繋がってるんだ
たどり着かない場所なんてないさ
どんなに荒れた海の上にも
どんなに不安な夜の上にも
「想い」という橋は架けられる
誰にも壊すことのできねぇ橋だ
ぼっけぇでけー あの瀬戸大橋のように

川面に映る白壁が揺れていた
今一瞬、倉敷の昔に タイムスリップしたように

「いつかきっと返しにこい 立派な海賊になってな」
時が経っても
抱いた期待は 今も色褪せず

もっと強く 俺の心を沸き立たせる

雄町米(おまちまい)の酒を飲み
ままかり肴に仲間と話せば
気持ちは浮かんで雲海の上 弥高山(やたかやま)

児島のデニムと笠岡の麦わら帽
インディゴは深い海の色
土産と言うのも柄じゃないからな
俺が試しにはいてみようか

この世界は海で繋がってるんだ
いつかどこかで また会えるだろう
どんなに離れた場所にいようとも
どんなに長い時が経っても
「約束」という橋は続いていく
見えないけれど 消えない橋だ
ぼっけぇでけー 夢へと繋がっている

シャンクス(池田秀一)とBridge of Dreamsと歌詞について

以上がシャンクス(池田秀一) Bridge of Dreamsの歌詞です。

  • シャンクス(池田秀一)の楽曲一覧はこちらから
  • Bridge of Dreams関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

シャンクス(池田秀一) Bridge of Dreamsの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。